基本理念及び基本方針

  1. 自閉症者をはじめとした障害を伴う人々が、良き隣人として違和感なく地域社会に受け入れられ、 夫々の個性を発揮しながら活き活きと地域生活を送ることが出来る社会こそが、真に豊かな社会で
    あることを確信し、その実現を期するべく活動します。
  2. 自閉症者本人とその家族が、幾多の激しくかつ困難な状況を体験しながら生活をしてきた歴史と、
    現在もまたその只中で生活をしていることに、まず共感を持って支援にあたります。
  3. 自閉症という障害そのものをはじめ、利用者本人を取り巻く様々な問題を、より深く正しく
    理解するよう努めるとともに、 多様なニーズに対応できる理論や技能の修得に努めます。
  4. 自閉症者支援に特化した生活介護事業の専門性とその機能を、必要とされる方達に有効に活用して
    頂けるよう、地域社会に開かれた運営に努めます。

支援方針及び目標

  1. やまびこ工房は自閉症を伴う利用者の方々に対し、その人らしい自立と社会参加及び社会貢献を
    果たす権利と義務を保証するために、『働く』ことを機軸に据えた日中活動プログラムを提供します。
  2. 利用者個々のニーズと客観的な評価に基づいて目標や課題を設定し、それらを着実に効率よく
    達成するために、 個別プログラムを基本とした支援活動を実践します。
  3. 生活介護サービスを利用する自閉症者にとっては、家庭や地域などにおけるさまざまな支援が
    地域生活を豊かなものにする鍵になります。
    地域の人材や社会資源を十分に活用できるようにコーディネーターとしての役割を担うことが、
    大切な仕事のひとつであると考えて支援を実践していきます。

情報公開